薄毛の兆候は頭皮の硬さ

未分類

ブログと発毛コラム

こんにちは。

スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士杉山巨樹です。

ホームページもちょっとづつ修正を加えて、「ブログ」と「発毛コラム」と分けてみました。

今までブログになんだかんだ知識系のことばかり書いていたので、発毛の知識は発毛コラムで、ブログでは考え方とか僕の個性が分かるような感じに分けて書いていこうと思います。

当サロンのこだわりは「結果力」です。

姉妹店のエステサロンも「結果」にはこだわっていて、「しみ・しわ・たるみ・ニキビ」など多くのお客様のお肌のトラブルを改善してきました。

「結果」を出すのに大切なのは、「知識力」「技術力」です。

オープンしてから約半年がたち、はじめは発毛するのか少し疑問がありましたが、日々お客様の頭皮の状態を見させていただき、発毛に取り組む中で、知識とスーパースカルプの技術をもってすれば「しっかり発毛する。」を自信をもって言えるようになりました。

お客様も少しづつ増えてきて、結果も出てきています。

今月は5名のお客様がスーパースカルプの扉を開いて下さいました。

お客様のお悩みを改善し、しっかりと向き合って、発毛に導いていきます。

薄毛でお悩みの方の兆候

髪の毛が脱毛する原因は人それぞれで色々ありますが、いくつか共通点があります。

今日はそのなかのひとつ「頭皮の硬さ」について説明したいと思います。

「頭皮が硬いと薄毛になりやすい」ってよく言いますが、どうしてそうなんでしょうか?

まず頭皮も皮膚の一部なので、皮膚の構造についてご説明します。

皮膚は上の図のようになっていて、いくつかの層になっています。頭皮も同じです。

大まかに分けると「表皮層」「真皮層」「皮下脂肪層」「筋肉層」です。

表皮層は、お肌の細胞分裂が頻繁に行われていて新陳代謝といって肌表面を生成する働きがあります。

細胞のお母さん細胞である基底層で細胞は生まれ、どんどん押し上げられて最後は角質となり自然に剥がれ落ちます。

頭皮で言うならばこの角質の剥がれたのがフケです。

通常は目に見えないくらい小さな皮膚の残骸が剥がれ落ちますが、皮脂とくっついたり、新陳代謝がキチンと行われないとフケとして目に見える状態になります。

フケが多いのは頭皮の新陳代謝異常の症状です。

「頭皮の硬さ」にとって大切なのは「真皮層」です。

真皮層はお肌の弾力細胞と言われる「コラーゲン」や「エラスチン」が存在するそうです。

真皮層が厚いと弾力のあるお肌。

逆に真皮層が薄いとかたーいお肌というわけです。

真皮層には弾力細胞のほかに(毛細)血管も通っています。

血管は髪の毛にとって、とっても大切な器官です。

血管は本当に大切なんです!!(大事なので2回言いました。)

血管は髪の毛に必要な栄養素を運ぶ導管。

血行不良も薄毛の大きな原因です。

真皮層が厚い人、薄い人、どちらが血管が多いでしょうか?

頭皮が硬くなる。

毛細血管が少なくなる。

血液から栄養が送られる量が少なくなる。

髪の毛が健やかに成長しない。

コシやハリが無くなってくる。

脱毛していく。

薄毛が気になる。

という感じに進行していきます。

頭皮が硬い=毛細血管が少なくて栄養を十分に送れない。という事なのです。

頭皮を柔らかくするには?

硬い頭皮も柔らかくすることは可能です。

頭皮マッサージで柔らかくするのですが、コツがあります。

頭皮を柔らかくするというイメージよりも頭皮の血行を良くするというイメージが分かりやすいかもしれません。

頭皮の皮下の血管は多くは毛細血管です。

毛細血管が増えると真皮層が厚くなっていきます。

以前ブログにも書きましたが、毛細血管は加齢とともに減少してしまうのですが、キチンと対策を立てると増やすことも可能です。

ガッテン! 「アンチエイジングの新常識 毛細血管ケアSP」

結果、髪の毛に栄養分が十分に補給され、抜け毛のリスクも少なくなります。

では、どうやって頭皮の血行を良くして、毛細血管を増やしていくのかというと、「滞りを無くす。」事が大切。

「肩こり」「首コリ」「頭皮のコリ」コリがあることで体流は悪くなり、血行も悪くなります。

頭皮のコリ首のコリから、首のコリ肩コリからきます。

肩コリ→首コリ→頭皮のコリの順にコリをほぐしていきましょう。

1日5分やっているだけで、コリもなくなっていきます。

まだまだ対策はありますが、それはまた今度!

頭皮を柔らかくして頭の血の巡りをよくすれば髪の毛も大喜びですよ!

ピックアップ記事

関連記事一覧