食べて毛細血管の改善

未分類

神奈川で育毛! 薄毛解消!頭皮ケアでAGA治療 女性 男性 発毛率実績98.7%
髪の毛でお悩みでしたらスーパースカルプ藤沢駅南口店へ!

こんにちは。
スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店の杉山巨樹です。
ここ最近は、毛細血管の見えるマイクロスコープのお陰でお客様の毛細血管の状態がどういう風か視覚的に分かり、またほとんどの方がカタチの悪い毛細血管をしているので、どうやって改善していくか?に注目しているところです。
姉妹店のレイテノールのスタッフは全員綺麗な毛細血管でした。
色々な人の毛細血管を見比べることで分かることもあるので、色々と仮説を立てながらお客様の毛細血管改善の提案をしていきたいと思っています。

毛細血管は発毛には大事

まず毛細血管は体中の血管の99%にあたり、身体の隅々の細胞に栄養を送っているのが毛細血管です。
ですので、しっかりとカタチの良い流れの良い毛細血管が身体の隅々に栄養を送ることが出来て、結果細胞分裂がしっかりと行う事が出来て、身体も健康、髪の毛も発毛、お肌も美しくいられることが出来るのです。
髪の毛の場合、毛乳頭に毛細血管が栄養を運んでくれて、そこで細胞分裂をして発毛していきます。
栄養を送ってくれる毛細血管が短かったり、詰まっていたり、流れが悪かったり・・・発毛の障害になってしまうのです。
ですので、発毛するためにはしっかりとした毛細血管が必要不可欠なのです!

毛細血管の改善

色々な書籍やテレビなどに書かれていることはだいたい同じです。
①、シナモン
②、ルイボスティー
③、ヒハツ

これらが毛細血管を改善する3つの食品と言われています。
毛細血管の内皮細胞『Tie2(タイツー)』を活性化すると毛細血管が丈夫になり血流も良くなります。
このTie2を活性化させるのが上記3つの食材です。
ではどうぞ!と言ってもなかなか食事に取り入れるのも難しですよね?
シナモンはデザート系だと使い勝手いいですが、料理だとカレーとか煮込み系しか思い浮かばず、あまり使い勝手が良いとは思えないのですが、ヒハツが実は料理の使い勝手が良いと踏んでます。

ヒハツとは

なかなかスーパーでは見かけませんが、香辛料です。
『Tie2(タイツー)』を活性化させ、毛細血管を丈夫にしてくれる素晴らしい食材です。
こまめに料理に使う事で丈夫な毛細血管にしてくれます。
味はコショウと山椒を混ぜたような感じでじゃっかん辛味があります。
沖縄県の八重山地方独特の香辛料で、あまりメジャーではありません。
しかしながら、毛細血管の拡張作用、冷え防止、お肌のアンチエイジング効果があることがわかり、最近俄然注目され始めました。
ちょっと味見をしたのですが、中華料理や東南アジア料理などに合いそうな感じ。
麻婆豆腐にはそのままかけても美味そうですし、炒め物にも合いそうです。

最近更新が止まってる「スギズキッチン」の新たな食材としてまたレシピ紹介していきたいと思います!

身体は食べたもので出来ている

髪の毛に〇〇が良いと言えば、そればかり食べても決して良くはありません。
大切なのはバランスの良い食事。
身体は食べたもので出来ています。添加物のない食事を心がけるのが大切です。
白い炭水化物はなるべく避け、野菜や果物を増やし、肉よりも魚。
油物はなるべく取らない。

これを意識して頂くと良いと思います。
飽きずに継続が大切ですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧