ふるさと納税やってみた!

未分類

神奈川で育毛! 薄毛解消!頭皮ケアでAGA治療 女性 男性 発毛率実績98.7%
髪の毛でお悩みでしたらスーパースカルプ藤沢駅南口店へ!

こんにちは。
スーパースカルプ発毛協会認定の発毛技能士、藤沢駅南口店の杉山巨樹です。
今日は発毛とは全く関係ないのですが、なにやら世間で騒がれている『ふるさと納税』をやってみました。(遅い?)

メンドクサイし良く分からない


とは思っていたものの、年末調整時期のこの時期に世間でも話題になっているみたいなので、とりあえず調べてみることからはじめました。

ふるさと納税とは

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本に於ける寄付金税制の一つ。”納税”と名乗っているが制度上の実態は「寄付」であり、現に居住する地方自治体への納税に代えて、任意の自治体に寄付を通じて”納税”するというものである。「ふるさと寄付金(寄附金)」とも呼称される
wikipediaより

手続きをすると、所得税(国税)や住民税(地方税)の還付・控除が受けられます。
だからこの時期に騒がれるのですね。
応援したい自治体への寄付や自分で税金の使い道を選んで寄付することもできるのです。
自己負担が実質2000円で寄付をした自治体から返礼品を受けることが出来るのです。
各自治体とも本当に色々な返礼品を用意しています。
中には「これいいの?」ってくらい豪華なものもあるんですよね。びっくりです。

ふるさと納税のメリット&デメリット

ふるさと納税のメリットはたくさんあります
①、まずは応援したい自治体に寄付ができる。
災害の被災地や復旧、復興を応援した自治体に自分で選んで寄付出来ます。
②寄付金の使い道を選んで寄付することが出来る。
うちの土橋先生は、愛猫家です。
猫の殺処分ゼロを目指す自治体に寄付していました。
③寄付した自治体から返礼品を受けることが出来る。
下心がありありの私はこちらに興味ありです。
今回、牛肉を返礼品として送ってくれる自治体に寄付をしました。
などなどです。
デメリットとしては
①、減税の適用よりも先に寄付をする必要がある。
②、一定のルールを外れると確定申告をしなくてはならない。
ただし年内にワンストップ特例制度を申請することで確定申告しなくても大丈夫なんです。
(自治体に申請書を郵送するだけ)
くらいでしょうか?
個人的に気になるのは、自分の住んでいる自治体の所得税や住民税の減収です。
もしみんながみんな返礼品目当てでふるさと納税を行ったら税収はどうなってしまうのだろうか・・・
ふるさと納税の額は年収は家族構成によって変わってきます。
色々なサイトで調べることが出来ます。下のサイトなんかも参考になりますのでみてみたらいかがでしょうか?

ふるさと納税っていつからいつまでにすればいいの?

ふるさと納税はいつでも行うことが出来ます。
1月1日から12月31日の1年間にふるさと納税(ご寄付)を行った分が翌年の控除の対象となります。
だから、この年末にワサワサみんなやってるんですね!
今年も残すところわずか!
さぁ迷うならやってみましょう!

自治体の返礼品アレコレ

ふるさと納税返礼品
殺処分ゼロ

自治体の返礼品。どんなものがあるのでしょうか?
色々なポータルサイトがあります。
私は以下のポータルサイトを利用して申し込みました。
ネットで買い物する感じで普通に難なく出来ました。


人気の返礼品をご紹介

食べ物が多いのかな?
肉類やホタテ、いくら、鰻などの高級食材が人気のようです。
10000円の寄付をして、牛肉2.2キロでかつ8000円分の税金が控除されるから
実質2000円で牛肉2.2キロです。
凄いですよね。
ほかにもいろいろあります。
先ほど紹介しましたが、土橋先生は猫の殺処分ゼロを目指す自治体に寄付をしていました。

猫の殺処分ゼロへ2200万円!すごいですね。
それだけ愛猫家が多いってことなのでしょうか
ほかにも今年多かった被災地への寄付も可能です。

被災地への支援は1300万円。
ミクロ的な視点で見ると猫への殺処分ゼロに対しての寄付が多いのもわかりますが、寄付金額を比べてみると税金の使われ方の優先順序という考え方も必要なのかなと考えてしまいます。
牛肉を見返りに寄付する人が言うのも何なんですが…。
ちなみに私は鹿児島県霧島市へ寄付をしました。

もう品切れです。

知らないとスルーするよりもちょっと学んで知ってから選択を

今回ふるさと納税について思ったのは、知らないことでしたし面倒かなとおもってスルーしていましたが、少し調べると簡単に申込できるし各自治体が本当に色々と工夫していると感じました。
税金の使い方なのでちょっと思うところはありますが、まずは知るということが改めて大切なことだな。と思いました。
知識は大切。これは髪の毛でも同じですね。
では、今年はこれが最後のブログになります。
良いお年を!

ピックアップ記事

関連記事一覧