【背中・胸ニキビ対処法】体のニキビはなぜできる?常在菌バランスを整えて、ぶり返すニキビを撃退!

肌荒れ・ニキビ

じめじめした季節になってきましたね。
この時期から、顔だけでなく背中や胸元にもニキビができやすくなってきます。

今回は、顔にできるニキビと体にできるニキビ、同じようで違う原因や特徴をお伝えしていきます!

もちろん、日々食べているものや生活習慣、体質など、いろんな要素が絡まっていますので、これで絶対治る、というような簡単なものではありません。
それは承知のうえで、知識としての対処法、そして私が提供できる限りの情報を、ご紹介できればと思います。


顔と体のニキビ、
原因となる菌の違い

顔のニキビと体のニキビ、まず前提として原因となる菌が違います。

顔にできるのは、皆さんもご存じの通り「アクネ菌」によるものです。
アクネ菌と言うのはすごく酸素を嫌うので、普段は毛穴の中に潜んでいます。誰の肌にもいて、普段は全然悪さをする菌ではありません。
ただ、常在菌のバランスが崩れたり、皮脂の過剰分泌によって毛穴がふさがってしまうことによって、この中でむくむくと繁殖してしまいます。

毛穴が閉じているから皮脂がうまく外に出ていけなくて、中の方で段々と大きくなって炎症を起こしてしまう…これが顔のニキビです。




一方体、背中や胸にできるニキビは、アクネ菌がもたらすものもありますが、カビの一種である「マセラチア菌」が影響することがほとんどです。
フケなどの原因にもなっており、マセラチア毛包炎とも言ったりします。
カビの一種なので、ニキビのお薬ではなく抗真菌剤と言ってカビに効くお薬をお医者さんで処方してもらう必要があります。

背中や胸のニキビの厄介なところは、一度治ったとしてもまたぶり返したり、改善に時間がかかったりすること。冬場は良かったけど梅雨から夏にかけてまた出てきてしまったり。
元々マセラチア菌も皮膚常在菌の一種ですので、いつも存在はしていますが通常であれば悪さはしません。繁殖しすぎることで、ニキビになってしまうのです。

マセラチア菌は、アクネ菌同様空気を嫌いますが、さらに皮脂が大好きで、湿度も大好きなんです。
湿度が大好きだからジメジメしたこの時期、すごく繁殖しやすくなります。
その他、体が疲れたりして皮膚の免疫力・抵抗力が落ちると、常在菌のバランスが崩れて大繁殖します。そして毛穴の奥に潜んで皮脂の過剰分泌をすることで、更に繁殖します。

対処するには①皮脂の過剰分泌を抑え、②常在菌のバランスを整えることが大切です。



生活スタイルによって
皮脂の分泌が増える

①皮脂の分泌についてみていきましょう。

もともと家系的にニキビができやすく皮脂が多い体質の方もいらっしゃいますが、日常的に皮脂が多く
なりがちな行動と言うのもあります。

例えば過剰なストレス、ホルモンバランスの乱れ、寝不足や睡眠の質の低下など。

受験勉強や仕事に追い込まれ、寝る時間を確保できなかったり、ぐっすり眠れなかったりすると、自律神経が乱れ、本来であればリラックスモードの副交感神経が優位になるべき時間にも、交感神経が優位になって常に緊張状態になってしまいます。
交感神経が優位になってくると、男性ホルモンの分泌が過剰になります。

男性ホルモンは皮膚を硬くし、毛穴を縮めてしまいます。
皮脂はいっぱい出るのに毛穴は縮まってしまうため、皮脂が出てこられなくなり、毛穴の中で詰まってしまう…そうして、どんどんとニキビができる状況を追い打ちをかけるように作っていくことになります。

いわゆる思春期ニキビと呼ばれる、第二次性徴期の脂っぽいニキビも、ホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンが優位になることで現れるニキビです。
その他にも、女性の場合は、生理前にニキビができることがありますよね。
これも男性ホルモンに少し関係してきますが、生理前は黄体ホルモンというホルモンが分泌されます。
この黄体ホルモンが男性ホルモンと非常によく性質が似ており、肌を硬くして皮脂を出します。これが、生理前にニキビができやすくなるメカニズム。

自律神経を整える、睡眠時間をしっかりと取るなど、改善できそうなこともありますが、
受験生に、勉強をやめて寝なさいとはなかなか言えません。
仕事のストレスも、今すぐゼロにするのは現実的に難しいですよね。

それでも少しでも良い方向に持っていくために、まずは②皮膚常在菌のバランスを整えるというアプローチを取ってみましょう。


菌活アイテムを使って
常在菌バランスを整える

常在菌バランスを整えるためのアイテムを2つご紹介します。

一つ目は、乳酸菌サプリメントを主に開発・販売しているエイチジン社から、昨年、皮膚常在菌に注目して作られた菌活化粧水「エイチジンビューティー」
塗ることで善玉菌(美肌菌)のエサになり、肌の常在菌バランスを整えてくれます。お顔にも良いですし、背中や胸元など、全身どこにでも塗ることができます。

●エイチジンビューティー
150g 6,490円
https://c.raytenor.jp/products/2030003/



全身に塗るのがもったいない!という場合は、二つ目のアイテム、同じく皮膚常在菌を整える入浴剤「エイチジンスパ」もございます。
●エイチジンスパ
180g 5,184円
https://c.raytenor.jp/products/2030004/
お風呂のお湯には皮膚常在菌に悪影響な塩素が入っていますが、小さじ2杯程度でお風呂の中の塩素を除去し、30g入れると全身の菌バランスを整える「美浴」ができます♪

また、お風呂に入る際ですが、ドラッグストアで打っているような合成界面活性剤の入ったボディーソープを使用するのはお勧めしません。洗浄力が強すぎて必要な菌まで取りすぎてしまいます。
ナイロンのたわしでゴシゴシ強く擦りすぎると、更に皮膚常在菌の環境を壊してしまいますので、純石鹸をモコモコに泡立てて、手で優しく洗ってくださいね。
そして体を洗ったあとに髪を洗うと、シャンプーやコンディショナーが背中に残って毛穴をふさぐ原因になりますので、髪を洗ってから最後に体を洗うようにしましょう^^


必要なときにはお医者様へ掛かった方が良いですが、ぶり返したり、悪化するのを防ぐため、少しでも日々の対策になればと思います。
ぜひ参考になさってみてくださいね!

杉山 奈津子

9,070 views

自分の肌悩みをきっかけに知識・経験ゼロからエステサロンを開業したレイテノールオーナー。美容への探求心が止まない美容オタクであり、5匹の飼い猫のために自宅を大...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧