【便秘解消ドリンク】その効果、飲む点滴!?便秘解消&美肌効果のある意外な飲み物

ダイエット

皆さんこんにちは!
スーパースカルプ藤沢駅南口店の高橋です。

お通じはきちんとありますか?
何を食べるべきか、どんな生活習慣を取り入れるべきかをおすすめしてきましたが、同じくらいき
ちんと出すことも大切です。
腸内がさっぱりと片付いていなければ、どんな栄養を入れても十分に活躍できません。
ご来店されるお客様にも、便秘がちで腸の調子が悪い方が多くいらっしゃいます。腸は健康や美容の一つのバロメーター。まずは腸を健やかにして、体を整えていきましょう。

便秘の原因は運動不足や偏った食生活、ストレスなどで腸の働きが低下することと考えられてい
ます。特に食べ物は深く関わっているといわれています。

一口に便秘と言っても、人によって思い浮かべる程度は様々です。
一週間出ていなくてもさほど
違和感がないという人もいれば、一日出ないだけでお腹が張ってしまうという人もいるでしょう。
日本内科学会の定義では、週3回以上1日3回以下が正常な排便の回数とされています。3日以
上出ていないのが便秘といわれる状態です。
3日分の消化された食事が出ていないとなると、腸内はかなりの大渋滞ですね。あまり想像したく
ない絵面です。
一刻も早く便秘を解消したいとき、何をすればいいのでしょうか?


便秘解消ならまずはコレ!
基本のポイント3つ

まずは代表的な解消法を3つ、お伝えします。

1)適度な運動
筋肉に刺激を与えることでお腹周りの血行がよくなり、胃腸の働きを活性化します。ハードな動き
は必要なく、30分程度の軽いウォーキングやストレッチ、腹式呼吸がおすすめです。

2)食物繊維を摂る
食物繊維には便を柔らかくして排泄を促す水溶性と、便の量を増やす不溶性があります。
●水溶性:わかめやひじき等の海藻類、こんにゃく
●不溶性:イモ類やキノコ類、ピーマン
に豊富に含まれています。

3)オリゴ糖を摂る
オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれます。ごぼう、アスパラガス、玉ねぎなどに豊富に含まれ
ています。乳酸菌やビフィズス菌を増やしてくれます。

これらは、よく耳にする方法だと思います。
そして今回は、さらにもう一つ。

便秘解消に効果的な食品はいろいろありますが、便秘解消と栄養補給ができて、美髪や美肌
まで効果的、しかも夏にぴったりな飲みものをご紹介します!


栄養満点の「飲む点滴」
甘酒が素晴らしい!

そんな魅力的な飲み物、どんな高いインナーケアドリンクか、と思いますよね。しかしそうではありません。

何かというと…

甘酒です。

甘酒の何がいいのか詳しくは知らなくても、飲む点滴・飲む美容液という別名は聞いたことがある
のではないでしょうか?

温めて冬に飲むものという印象の強かった甘酒ですが、実は江戸時代から夏の栄養補給として、現代の栄養ドリンクのように使われていました。夏の季語でもあります。

主成分は吸収が早く、疲労回復に効果的なブドウ糖です。
ほてった身体を冷ます性質があります。美容効果抜群のビタミンB群やビオチンが含まれており、これらの栄養素がコラーゲンの生成を促すことで目の下のクマ、しみやくすみなどに働きかけて美肌に近づけます。
イライラを抑えるGABA、紫外線の刺激を抑えるコウジ酸も含まれています。
コウジ酸は頭皮の老化防止効果も期待できます。
肌にいいものは髪にもいいので、どちらにもいい栄養になってくれます。
さらにフェルラ酸という抗酸化物質も含まれているため、細胞の新陳代謝を促して肌老化も防い
でくれます。
そしてオリゴ糖と不溶性食物繊維が便秘の解消にも役立ちます。
まさに飲む美容液です。

飲む時間帯によって期待できる効果も違ってきます。
朝に甘酒を飲むと、ブドウ糖が身体をしっかり目覚めさせてくれます。
朝食を用意するのが難しいとき、甘酒だけで食事代わりになりますし、豆乳で割って飲めばタン
パク質も摂れてますますバランスがよくなります。

昼に甘酒を飲むと、ブドウ糖とビタミンB1の相乗効果で脳の働きが活発になって集中力アップ。
お仕事もはかどりそうです。
どのような効果が欲しいかで飲む時間帯を変えてもいいですし、いつ飲んでもいい効果がありま
す。

それなら沢山飲めばいいのかというとそうではありません。
甘酒は健康的な飲み物ですが、もとはお米ですので白いご飯と同じだと考えてください。甘酒と
ご飯やパン等の糖質は一緒にとらず、血糖値が上がりすぎないようにしてください。一日200ml
(コップ一杯分)までが適量と言われています。

甘酒には米麹タイプと酒粕タイプがありますが、お米本来の優しい甘みが楽しめるのは米麹の
甘酒です。酒粕タイプは砂糖で甘みをつけていますので、美容面では米麹の方がおすすめ度が
高くなります。
本来の米麹甘酒は砂糖が入っていませんが、市販されているものは更に飲みやすくするために
砂糖を入れたものもあります。
成分を確認し、米と米麹だけでできているものを選んでください。
味噌でおなじみのマルコメから出ている紙パックの甘酒は砂糖が入っていないのでおすすめで
す。
身体にいいものを上手にとりいれて、暑い夏を乗り切っていきましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧